セフレ作り仙人、SKJ 平塚(すけべじじい平塚)です。

私が女の子と知り合うために使っているネットのツールはツイッターだけです。出会い系アプリとかマッチングアプリは一切使っていません。正しくは

  マッチングアプリを使ってみてけれど
   1人とも出会うことができなかったのでやめた

というのが正直なところです。

その同じ人間が、ツイッターを使って150人以上の女の子とセックスしています。最近は29歳以下じゃないと新規では会わないルールを自分ルールにしていますが、それでも月に2、3人は平均して出会えています。年にすると30人弱って感じです。その中でお互いに気に入ればセフレ関係が始まります。

どうやってやったか?

それはこのブログで何度も何度も言っているように

  ツイートして
  女の子をフォローする

ということを愚直にやっただけです。しかもツイートは bot 化してあるので、ほとんど作業をしていません。やっているのはエッチしたいと私が感じた女の子をフォローするだけで、しかもそれをやるのは朝と夕方の通勤時間の間だけです。そんな隙間時間でポチポチとフォローするだけで出会えてしまうんです。

ただそこまでになるには、自分のアカウントを育てないといけません。

アカウントを育てるという意味で言うと、2ステップあります。

ステップ1は、女の子が食いつくようなツイートがたくさんしてあること。
ステップ2は、そのツイートを読んでセックスしたくなるような女の子のフォロワーがたくさんいること。

そしてステップ1、つまりツイートがしっかりしていない限り、ステップ2は全く意味をなしません。まずは女の子が食いつくようなツイートをそれなりの数だけしてあることが最重要事項なんです。

それなのに、そこをおろそかにしている男が多すぎです。だから会えない。

女の子の性癖はもちろん個人差がありますが、それでも最小公約数というか

  しなくちゃいけないこと
  してはいけないこと

というのはあるわけです。会えない男のアカウントは、しなくちゃいけないことを全くやらずに、してはいけないことばかりしています。だから出会えるわけがないんです。


ではステップ1のツイートにおいて、しなくちゃいけないこと、とは何か? それは

  女の子がセックスしたくなるツイート

です。もうちょっと噛み砕くと

  この男、セックスが上手そう

と感じてもらうツイートです。あまり噛み砕いてないですか?


まだ出会う前は、あなたとターゲットの女の子はセックスしていません。当然ですよね、会ってないんですから。だからその女の子はあなたがセックスが上手かどうかは判断できません。あなたがすべきことは

  こういうツイートを書いてる男なら
   実際のセックスも上手かもしれない

と女の子に感じてもらうことです。

女の子と最初に会うためには、セックスが上手かどうかは関係ないんです。ここ、とても重要です。セックスが下手クソでも女の子と出会うことはできるんです。

ただ2回目以降は実際にセックスが上手か下手かで判断され、ツイートでは上手そうだったのに実際は下手くそならブロックされてしまいます。セックスが下手な男と2回も会う女の子はいないんですよ。


では2回目ではなく、とにかく最初にその女の子に会ってもらうためのツイートはどうすればいいか、が今回のテーマです。

それはひとことで言うと 

  とにかく細かく詳細を書く

ということです。


実際に私がどういう意識でツイートを書いているか、とか実際に書いているツイートを公開していますので、詳細を知りたい方は note の購入をお願いします。有料ですが、代金以上の価値のある情報ですよ。


  小技-064:どうやってツイートを構成するか



石井哲平さんプロデュースで平塚メソッドの教材の販売を開始しました。



クリック、お願いします
 → 人気ブログランキングへ